トップ

アンチエイジング化粧品

アンチエイジング化粧品は20代から

アンチエイジング化粧品の効果とは

最近、顔のほうれい線が気になる28歳の女性です。ここ数年、顔のたるみがなぜかひどくなり、その影響なのか、同時に顔にくっきりとほうれい線ができてしまっています。このほうれい線の原因は一体どこにあるのでしょうか。

■ほうれい線の原因:乾燥
ほうれい線の深さが浅く、よく見ないと分からない程度であったり、思い切り笑った後にだけうっすら残るという程度であれば、回復は早いでしょう。この浅いほうれい線ができる大きな原因のが肌の乾燥なのです。日焼けによる紫外線の影響や、季節の変化による空気の乾燥の影響により、肌表面の水分が奪われることで、肌のきめが粗くなります。水分が足りなくなることで、肌の柔らかさも失われるため、表情じわのような浅いほうれい線ができます。集中的な保湿ケアにより改善が可能です。

■ほうれい線の原因:生活習慣
お酒の飲みすぎや睡眠不足、食生活の乱れのために身体のむくみを感じることがあります。顔にも同じようにむくみとして、老廃物を含む水分が顔にたまってしまいます。そして、顔の皮膚が下に引っ張られてたるんでしまい、唇と頬の境目が線となって残ってしまうのです。これがほうれい線です。

■ほうれい線の原因:スマホの見過ぎ
20代のほうれい線の原因は加齢というより、スマホのやりすぎや頬杖が原因だとも考えられています。下を向いてスマホを操作していることが長時間続くと、二重あごやフェイスラインのたるみを発生させ、ひいてはほうれい線につながってゆくのです。スマホを操作しているときは、猫背姿勢のままで顎を出している人が多いですが、この姿勢は首に余計な負担をかけることになり、顔のたるみを促進する原因なのです。通勤・通学の時間、休憩時間中にもついついスマホを見続けてしまう人は多いですが、あまり悪い姿勢を使づけていると、フェイスラインがどんどん崩れていくことになってしまうのです。

■ほうれい線の原因:加齢
先にあげたような、スキンケアで改善する浅いほうれい線ではなく、くっきりと顔に刻まれた深いほうれい線が年齢とともにできてきます。このほうれい線ができる主な原因は、肌の真皮といわれる土台部分を支えるコラーゲンやエラスチンと呼ばれる繊維の減少と劣化なのです。また、顔や首などの筋肉の衰えも大きく影響しています。どちらも年齢を重ねるとともに完全に避けることは難しい肌の老化現象のひとつです。

現代女性の肌の老化はすでに20歳から始まっているといわれています。肌の衰えを防止するためにも、アンチエイジング化粧品を使い始めるのに早すぎるということはありません。アンチエイジング化粧品には、単に保湿成分を含むというだけではなく、加齢に伴う肌の老化を遅らせて、美肌を保つための効果を細胞レベルで発揮してくれる効果が期待できます。アンチエイジング化粧品に共通して含まれる成分として、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分、老化の原因と言われている活性酸素を体内から除去してくれるビタミンBなどの抗酸化成分が豊富に含まれていて高いアンチエイジング効果を発揮するのです。

そして、アンチエイジング化粧品の利用のみに頼るのではなく、食生活改善など生活習慣を見直すことが必要です。30代に突入するとさらに加齢による肌の老化は加速してゆきます。しっかりとアンチエイジング対策を意識したスキンケアを行うことが大切なのです。まだ20代だからと安心していないで、今のうちからアンチエイジング化粧品で加齢対策をした方がよさそうです。

アンチエイジング化粧品ならこちら アンチエイジング情報総まとめ!あなたの肌に「合う」化粧品・ケアをお届け アンチエイジング化粧品選びでお悩みの方はこちらのサイトがおすすめです